平成28年度 活動報告

  • 2016年12月23日

    本日は名古屋市内にて、今年最後の街頭活動をさせて頂きました。
    青年部の若く情熱をもったお訴えをさせて頂き、ご清聴頂いた方々に厚く御礼申し上げます。
    来年も自民党愛知県連青年部を宜しくお願い致します。

  • 2016年12月20日

    自民党愛知県連青年部、平成29年新体制、初回の常任委員会を開催しました。
    尾崎雅輝部長を筆頭に、一丸となって諸活動に取り組んで参ります。
    29年も、引き続きよろしくお願いします。
    青年部

  • 2016年12月10日

    県下各支部から青年部長ならびに青年幹部らが一堂に集まり県下青年部長会議を開催しました。
    はじめに、県連を代表して藤川政人県連会長より挨拶いただいた後、丹羽秀樹衆議院議員、酒井庸行参議院議員、青山周平衆議院議員、山本浩史青年局長の諸先生方から激励の言葉をいただきました。
    第1部の会議では尾崎雅輝青年部長をはじめとする平成29年青年部役員と青年世代の人材育成や政策、研修、遊説活動などに重点を置く来年度の活動方針が採択。
    また、第2部の記念講演においては、前防衛大臣の中谷元先生にお越しいただき、わが国の安全保障と自主憲法の制定について非常に明快かつ的確な解説でとても有意義な講演会となりました。

  • 2016年12月01日

    青年部政務調査会会長:安井貴仁津島市議による視察の調査内容について取り纏めましたので報告いたします。
    報告書はこちら

  • 2016年11月23日

    篠島へ

    われら青年部遊説委員会(委員長:伊藤貴治春日井市議)は、田中泰彦青年部長体制として最後となる定例街頭活動を実施。

    思い起こせば3年前、2013年12月の寒風厳しい折、青年局と共に日間賀島において街宣活動を行いました。

    今回は、地元の伊藤忠彦(環境副大臣)衆議院議員、藤井満久南知多町議をはじめ篠島漁協の皆様に協力をいただき篠島訪問が実現。

    真冬を思わせる冷たい海風の中での演説会にもかかわらず、篠島漁協市場において心温まる島民の皆さんの歓迎を受け、青年部渾身の熱い演説会となりました。

    海の恵み豊かな知多半島と三河湾に囲まれた、漁場豊かな漁師の島「篠島」は、歴史と文化の島として風光明媚な離島です。

    みなさんも魅力あふれる篠島を訪ねてみてください。

  • 2016年11月18日

    平成29年度の自民党愛知県連青年部役員案と同活動方針案を協議。
    同時に各委員会の委員長から年間の事業報告も行なわれました。
    この内容を基に12月10日に開催されます県下青年部長会議へ向けて準備が進められます。

  • 2016年11月06日

    本年度の党本部青年局主催(鈴木馨祐党本部青年局長)による青年部・青年局東海ブロック会議は岐阜市にて開催。
    本部青年局の若手国会議員や東海4県連より青年局長・青年部長が一堂に集まり、本年の活動報告と来年の活動方針などが協議され、後半の質疑では活発な意見や情報交換が行なわれました。

  • 2016年10月22日

    自民党愛知県連青年部は、今年3回目となる視察を開催し、弥富市鍋田町の農業生産法人 有限会社鍋八農産 を訪問。

    はじめに社長の八木輝治様より事業全体の概要の説明を受けて、経営の現況と今後の課題について意見交換を行ない、その後はデジタル管理されてる生産現場などを見学しました。

    特にトヨタ自動車と共同開発した管理ツール「豊作計画」は、稲作にICT技術を活用して機械・資材や労務コストを削減することで効率化を図り、収穫の安定化と作業管理の課題を解決。さらに、その生産管理システムを生かし、集約化した農地の作業を受託することで、収益率が上がり生産性の向上につながりました。

    結果、企業の技術応用と農業経営の改革が、安心安全で高い品質と人材の育成を可能にしました。これらの農業振興が高い評価を受け、先日、農業分野の最高栄誉であります天皇賞を受賞され、ますます注目を集めています。

    本県には、平野や山間地域、都市部の様々な環境下の一次産業がありますが、今後、若い担い手が夢を描ける魅力ある営農が、農業全体の活力を押し上げる可能性を感じました。

    今日は、稲刈から出荷の最盛期真っ只中にもかかわらず、八木社長の真摯なご対応に感謝するばかりでした。

  • 2016年09月24日

    本日の自民党愛知県連青年部は、組織委員会(委員長:近藤沙耶花)による手話勉強会と学生部(部長:安倍啓介 名古屋市立大学医学部6年)の企画イベントを開催。

    手話勉強会では、女性講師より手話の基礎知識や挨拶などの表現の仕方を実践形式で学び、手話の理解を深めながら知識を向上させるための場となりました。

    ろう者とのコミュニケーションを図る上で、手話が日本語と対等な言語として位置付けられることにより情報伝達を高めていき、今後、社会の中で自由に生活して活躍できる環境を作っていきたいと考えます。

    そして、午後からは学生部の恒例イベントとして愛知政治大学院の講義見学と街頭演説の体験を行いました。河野太郎先生の講演を拝聴させていただいた後、名古屋駅にて青年部と共に街頭演説会を実施。大学生にとって初めての演説が、貴重な経験と研さんを積む機会となりました。

    その後の意見交換会では、大学生から率直な感想や多くの意見をいただき、政治と若者のかかわり方を改めて考えることで、学生とコミュニケーションを取ることの大切さを教えられ、われわれにとっても有意義な時間を過ごすことができました。

  • 2016年08月29日

    8月28日、29日 国内研修
    今年も自民党愛知県連青年部(田中泰彦青年部長・県議)による恒例の国内研修を実施しました。

    初日は、東京有明にありますパナソニックセンター東京を見学。オリンピック関連の事業説明や一般に公開されていない技術を拝見し、改めてその技術力に驚くと共に将来の可能性を感じました。

    靖国神社へ参拝した後、参加者との夕食の懇親会では、ご多忙にもかかわらず藤川政人県連会長に同席いただき、在京の若い同志も含めて親睦を深めました。

    2日目、防衛省を視察。市ヶ谷記念館をはじめ正面広場、厚生棟などを見学しました。

    その後、自民党本部での研修では、公務のところ丸川珠代大臣をお迎えして、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け日本がやらなければならない課題など、貴重なご講演をいただきました。これに先立って行なわれた党本部昼食会におきましても、多くの愛知県所属国会議員に同席をいただきました。

    そして最後は、日本銀行本店本館を見学して、本研修を無事に終えることができました。

    参加された皆様と研修会の実現にご尽力いただきました皆様に心から感謝します。

  • 2016年07月10日
  • 2016年06月11日

    選挙権年齢が18歳に引き下げられて初めての参議院選挙を迎えます。
    本日は、19歳〜24歳までの大学生が自民党県連に一堂に集まり、学生の政治参加をテーマにした意見交換会を実施しました。
    冒頭、藤川政人参議院議員による挨拶のあと、事前のアンケート結果をもとに質疑を行ない、選挙権の引き下げによる主権者としてのあり方から、家族や地域における政治との関わりなどが議論されました。
    マスメディアの関心も非常に高く、終了後、多くの学生さんが取材を受けていました。
    IMG_3974

  • 2016年06月05日

    北朝鮮による日本人拉致問題の解決をテーマにした街頭活動を、藤川政人参院選候補予定者や丹羽秀樹前文部科学副大臣、酒井庸行内閣府大臣政務官、熊田裕通防衛大臣政務官、そして青年局・青年部の多くの仲間と共に行いました。
    わたしたち自民党青年局は、日本人拉致被害者のすべての帰国を実現するため、この問題を風化させない一心で、平成16年より毎年6月の第1日曜日に実施しています。
    今後も政府・与党の責任で、拉致問題を解決すべき喫緊の課題として全力を尽くします。
    みなさんの応援もよろしくお願いします。

  • 2016年05月28日

    今夏の参議院選挙に立候補を予定しています自民党の藤川政人参議院議員や多くの地元の県議・市議に
    協力をいただき、自民党愛知県連青年部田中泰彦青年部長の遊説活動を実施しました。
    わが党は、藤川政人参議院議員と共に、次世代を担う若者が夢を持ち続け挑戦できるように一億総活躍社会の実現に向けて取り組んでいきます。

  • 2016年05月07日

    このたびの定例街頭活動は「東山沿線ツアー」と題し、名古屋市営地下鉄東山線の駅前を中心に計6箇所で実施。

    辻秀樹県会議員千種区選出、丹羽ひろし名古屋市議名東区選出の協力の下、
    今夏の参議院選挙へ向け自民党と藤川政人参議院議員の支援を呼びかけを行うと同時に、
    完成したばかりの自由民主・藤川政人特集号を配布して、多くの県民市民のみなさんに受け取っていただきました。

  • 2016年04月16日

    自然に囲まれ、多世代がふれあうことを実現可能にした、福祉複合施設「愛知たいよ
    うの杜・ゴジカラ村」などを見学するため愛知県長久手市を訪問。

    理事長の案内でデイサービスや幼稚園、古民家などの施設を見学し、個性豊かな福祉
    のまちづくりに取り組む実例を学びながら、意見交換をさせていただきました。

    午後からは、長久手市が運営する「西小校区地域共生ステーション」を訪問。だれもが利用できる多目的な空間では、地域イベントや地域の課題を市民同士で話し合う拠点として取り組み、一人ひとりが役割をもって活躍できる居場所づくりの実現をめざしています。

    これらの施設は、今年1月に石破茂地方創生担当大臣が視察されて全国的に注目を集めています。今、長久手市のまちづくり政策が、これからの子育て世代や高齢社会の抱える問題を解決できる手段として、大いに期待が寄せられています。

    自民党愛知県連青年部の政策提言に一歩前進です!

  • 2016年03月26日

    日増しに春らしく暖かくなってきました。本日は、知多半島の常滑市と知多市にて青年部の定例街頭を行い、伊藤忠彦衆議院議員をはじめ地元の県会議員・市議会議員の協力の下、国政の重要課題や県議会の報告などについて演説しました。

  • 2016年03月06日

    宮川典子衆議院議員を講師にお招きして、自民党愛知県連学生部主催の学生交流会を
    開催。

    「学生の政治参加」をテーマにした講演会では、現役の大学生にパワーあふれる熱血
    先生として、学生へ頼もしいメッセージをいただきました。

    今年は18歳選挙権の拡大という大きな変革の中、まず政治に携わる我々から政治意
    識を変え、そして若者が常に政治に関心を持ち社会と関わることで、地域のことや人
    とのつながりを大切にしなければなりません。

  • 2016年02月27日

    今年最初の青年部イベントは、築150年の古民家を利活用した体験型ゲストハウス
    danonだのん(北設楽郡東栄町)と先端技術によるチョウザメの養殖場(同豊根村)の奥
    三河2ヶ所を訪問。

    現在、政府が取り組む「地方創生」は、東京一極集中の対策として、時代に合う「ま
    ち」を創り上げるため、魅力ある地方へ移住して生活の拠点を築き、「しごと」を生
    み出しながら「ひと」の流れをつくること目的に始まりました。

    田中泰彦(県議)青年部長が率いる自民党愛知県連青年部では、引き続き、各地域にお
    ける先進的な事業を学びながら、地域活性化策の現状や今後の課題について研究し、
    青年らしいビジョンやアイデアを提言していきます。

    今日は愛知の山間地域の魅力をいっぱい満喫した1日でした。

  • 2016年01月24日

    自民党愛知県連青年部(田中泰彦青年部長、伊藤貴治遊説委員長)による本年最初の定例街頭活動を大口町と扶桑町にて開催。

    お地元の藤川政人県連会長、鈴木喜博県会議員、地元町会議員の皆さんに駆けつけていただき、今国会による重要法案や県政の政策課題など熱い想いを語っていただきました。

    これまで以上に、国・県・市町村による役割分担と連携を図り、愛知のすみずみまで経済を再生させて暮らしの基盤を確かなものにしていきます。

    今日は本当に寒さが身にしみる遊説でした。青年部のみなさんお疲れ様でした!

Copyright(c) 2012 自民党愛知県連青年部 All Rights Reserved.